<< リハビリテーション | main | 指導者育成談義 2時間目 コーチとは(その1) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | pookmark |
    指導者育成談義 1時間目 指導者になったきっかけ
    0
      どうも,毛です。

      すごーく久しぶりに更新するけど.
      この度東北地区の指導者の育成に携わるに当たって.
      北海道にいたときよりも強化部やコーチの方々なんかとかかわる機会が少ないということもあって.

      指導者とはとか,どういう風に指導をしたらいいのか.
      練習はどうやったらいいのかなど.
      不定期ながらちょいちょい書いていこうかと.

      まず1時間目は入りということもあって,私が指導者になったきっかけを書いていこうと思います.


      一番最初に覚えているのは,大学3年生のときに.
      北海道地区のフレキャンのコーチをやったのが最初かな.

      そのときに1年生だけじゃなくて.
      同じくコーチやってた子から.
      「あのプレーってどうやってるんですか?」.
      っていうのを聞かれたりして.
      そーゆーのを人に教えるのがめちゃめちゃ楽しかったのがきっかけ.

      そのときに.
      自分ってシュート打つときに何を考えていたのか,とか.
      細かく動きとかを分解しないと説明できなかった部分があって.
      それをとっても考えていたこと,それがとっても楽しかった記憶があるなー.


      ********************************
      【閑話休題】
      ちなみに,シュートに関する持論.

      1. 打つ瞬間ぎりぎりまで力は抜いている.
      2. ゴーリーから見えない位置に構える.
      3. 構えた位置からボールが狙ったところに一直線に向かうように.
         腕をたたんでコンパクトに振る.
      4. 右の場合は,左肩の後ろをゴーリーに見えるように構えて.
         シュートを打った後には右肩の後ろが見えているように振る.
      5. できるだけ速く早く振る.

      細かく言うともっといろいろあるけど,大きなところではこんなところかな.
      ********************************


      で,05YのACをやって.
      もっとうまいことできるはず,と思って06YのHCに立候補したけど,大失敗して.
      反省を活かそうと07YのHCを頼み込んでやらせてもらって.
      なんとか結果を出した,ってのはまた別の話.

      ただ,すごくいろんなスポーツを勉強したし.
      本も読んだし.
      日本代表のコーチやってる人とか,いろんな人にメールして意見聞いたり.
      指導者として成長するためにいろいろやったなぁ.

      しかも,自分が指導している内容を.
      自分ができているのか考えたときに,できていないって気づいたことがきっかけで.
      自分のプレーの幅がめちゃめちゃ広がったのを覚えているな.
      だから,コーチをやったほうがいい人には,コーチやってみたら.
      って勧めているのはそういうこと.

      実際人に教えるってことをすると,世界が広がるよ.


      んー.
      あんまり長々と書くとつらいんで,今回はこの辺で.
      次回はコーチとは,指導とは,といったあたりについて書こうと思います.

      ではでは.
      せばな.
      | 指導者育成談義 | 22:38 | comments(0) | - | pookmark |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 22:38 | - | - | pookmark |
        コメント
        コメントする